MY HOUSE


設 備

制御盤

井戸

飼育水は水道水を使用していますが井戸水も使えるようにしてあります。

ですが、井戸は日がたつと目詰まりし水圧が落ちてしまいますので

井戸掃除のために自分で図面を引き制御盤を作ってもらいました。

3か月に1回の掃除で水圧は復帰します。

水

サイズ40で水換えが楽にできます。

水中ポンプ

スイッチ

ポンプのスイッチリモコン化。離れていてもON、OFFできるのであわてなくていいですよ。
でもハウスはそんなに広くないですけど・・・。

池のふた

池のふた

春先の仔引き時にヒーターを使いますが電気代を考えると・・・。
ふたをすると水が痛むのが早いので、エサやりの時に観察を怠ると鰓になりやすいため 早目の水換えになります。

コンテナ

コンテナ

持ち運びが出来る池? 小さなコンテナをたまに使ってます。

スポットエアコン

スポットエアコン

真夏のハウスの中に居る自分用で、魚には関係ないです。
でも、ないと辛い!!

扇風機

扇風機

換気扇も付けていますが蒸れ防止の為に工業用扇風機を回しています。
夏はハウスの中で回しても熱風で涼しくはないです。

冷凍庫

冷凍庫

赤虫専用に置いてありますが停電時の事を考えるとゾットします。
一度やってしまいました。
200枚以上入りますので重宝してます。

サーモスタット

電気配線

単体でヒーターを使う時に100均のBOXにサーモスタットとコンセントタップを入れ、
漏電しない様に気を付けています。小さな物の時はタッパーを使っています。
何度かシビレタ事がありますので皆さん気を付けて下さいね。

スイッチ

電気配線

春先に水温を保つためヒーターをセットしますがコンセントの抜き差しが面倒なため数箇所に
スイッチ付きのタップを付けています。
サーモスタットが痛むことが減るのでヒーターだけ外せば一年中片付けることはありません。

ネット

自作の網

青仔、黒仔の時期など数が入っている時に水を抜くのに便利かなと思い使ってます。
メッシュのゴミ箱の底を切り抜き洗濯ネットを張っただけです。

自作の網

自作の網

網の柄を頂いてきました。
白い布が無かったので茶色ですが、ミジンコ網とシュリンプ網の出来上がりです。
なかなかうまく出来ました。

が、しかしこの近辺ではミジンコは取れませんのであげちゃいました。

魚巣

魚巣

魚巣

産卵シーズンに活躍している魚巣です。
100均でハタキ買って来ました。5〜6年使ってますがナイロンですので使い易いですよ。

浮き舟

浮き舟

稚魚の選別時にあったら便利かなと作った浮き舟です。
カンコと呼ばれる木箱の舟。いろんな物を作ったり設備などをいじっているのは楽しいんですが、 使ってない物がたくさんあります。

シュリンプ

水槽とバケツ

水槽とバケツ

シュリンプは90cmの水槽を時期になるとセットします。
中にバケツを3つ置き1日半で沸かしています。

↑ Page Top

系 統


2004年から、らんちゅうの愛好会に入り浜松の重鎮、徳武氏に魚を分けてもらい本格的に飼育を始めた。

らんちゅう飼育のきっかけは、前年から徳さんの家によく遊びに寄らせてもらい、

らんちゅうを見せてもらっていたらハマッテしまった。

よくいろんな魚を見て自分が作りたい型、魚の特徴をそれぞれ見なさいと言われていたが

始めは色の違いくらいしか解らなかった。近所の金魚が好きなおじいちゃんだとばかり思っていたのが

大きな間違いでらんちゅう界では有名な人でした。

その後、徳さんの紹介で竹内系を掛け合わせ3〜4年そのまま飼育し続けて来ましたが、

新たな進化を求めているところに最先端の魚が

西の方角に居るでは有りませんか!!そうです! しょうちゃん です。

もう皆さんご承知の尾張優魚会の山田氏です。私の親分になります。

大変気さくな方で人望も厚く皆さんから親しまれています。山田氏にはいろいろな事を教えて頂いたり随分、

お世話になっております。魚は現在までに自家産魚は全て山田系統に犯され、だいぶフンタンが出てきました。

魅力のある型なので嬉しいですが親分には敵いません。早く同じ土俵の上で勝負していきたいです。

と、強気な発言ですがあくまで、大きな願望ですので突っ込まないで下さい。


↑ Page Top

環 境

2015 12

2015冬

タメ水槽の中が少しづつ黒ずんで着たので塗替えです。
サンダーで削り綺麗になったのですがハウス中、粉だらけになちゃいました((+_+))
シーズンオフにしか出来ない事探してますよ。

2015 03

2015abc

年末から密林を開拓し3池並べてみました。
入れる魚が居ませんのでしばらくは露天として使いましょうか!!

2014 12

2014冬

飼育始めて初の魚が居ない らん活 になっているため、ヒマですので
ご近所の密林を開拓しはじめました。
妄想はエスカレートしますが友人にキコリが居ないため自分でチェーンソーで!!

お正月にやることはできましたがこの後どうなるか私もわかりませぬ!

2014 10

2014秋

2014秋

2015の種魚です。
2014 シーズンoffまでに親ビンに内緒で種魚導入!!
で、10月にウイルス背負ってMAX Out です。

写真の魚いなくなりました。 アンビリーバボー

2013

ため水

水換え用の水槽です。800L位ですが今まで1杯くむのに時間が掛かり過ぎていたため、
蛇口をプラスし時間の短縮になればと。1杯で池2つ半しか換えることが出来ません。
ですので水換えは水を足しながらになります。

2011

FRP

外にFRPを二本増しました。
小さな池ですが意外と重宝します。

2010 05

プラ舟

ハウスの外に細長い池が置けた。
もう二つ置けそうだぞ!
ハウスの中は当歳魚でイッパイになってしまうので種親をおければと思ってます。

2010 04

池の様子

池の配置を換えて今年もスタートだ。
それぞれの池には卵がビッシリ。ハウスの天井に寒冷紗を付け、温度調節がしやすい様にしてみました。

2009

池の様子

だいぶFRP池が並んだがこれがうちの限界かな?お金も場所も!!

金魚伝承の話がきたよ。 ラッキー!!

2008 12

池の設定

冬眠中に設置を済まさなければならないが俺も冬眠中。
今までの場所よりも、少しだけ広がりましたがやはりスペース的に狭いかなと思い、奥の場所は2階建てです。 ハウスなので、雨の日は楽になります。
防犯カメラも付けました。最近の物はHDDなので楽ですね。

2008 05

ハウスの建設

新居にらんちゅうハウスを建設中です。今までより少しは飼育が楽になればいいと思ってますが、 中に並べる池がありません。また自作を検討してますがFRP池が欲しいところです。
これ以上金魚の話を家の中では、とてもとても勇気がなく話せません。

2007

木製の池がシロアリに破壊された。
FRPを検討しなければならない。

2005

自作池

自作池のビニールを補修しました。自作だといろいろ大変です。中の魚は元気です。
浜松錦友会に入会させて頂きました。

2004

二階ベランダの様子

余っていたプラ舟180を二階のベランダに並べてみました。
やはり、こちらも二段で頑張ります。
今年に入りローカルのらんちゅうの会に初めて入会させてもらいました。
だいの大人が1日中外で金魚見ているのが、まだおかしく見えます。

2003 09

外の様子

プラ舟180の代わりに練箱220に換えました。下は、自作1500×1200の木製テントビニール張りです。 ペンキも塗りました。しっかりと蓋まで作りましたよ。箱のまわりにはスタイロ3cmを貼りました。

2003 07

らんちゅう飼育

プラ舟180を増設し、らんちゅうだけの飼育にします。
どうもここの土地柄らんちゅうを飼ってる人が多いようだ。
最近はご近所の目も気にならなくなってきた自分がいます。

2002

金魚の飼育

小さなコンテナなどを使用し金魚を飼い始めました。
プラ舟180がやたら大きく見えます。
昨年までは金魚は、水槽で飼うものだと勝手に思っていたところがありました。
外で飼育することになるとは、ネェ。
スペースがないので2階建てです。

↑ Page Top